みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

人生の勝算

f:id:musclemicchan:20190314141755j:image

Rakutenブックスさんより。

 

 

【この本を買った理由】

以前買った「メモの魔力」という本で、著者の前田祐二さんに惚れ込んだから。

しかも同い年、、ライバルだなっ!

 

嘘です。ごめんなさい。

 

 

【著者紹介】

前田祐二さん。

1987年生まれ。

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。

著書「メモの魔力」はベストセラー。

 

 

【著書紹介】

絆の大切さ

努力の大切さ

人生という壮大な航海において「コンパス」を持つことの大切さ

 

を伝える内容となっています。

 

特に努力の大切さについて、前田さんの壮絶な努力量が伝わってきます。

 

すげーよ。俺のライバ、、

 

その例として、

前田さんはSHOWROOMを立ち上げる前に、企業に就職しているのですが、その時は誰よりも早く来て、遅く帰り睡眠時間は2〜3時間だったとのこと。

また、前田さんは、目標する人を見つけその人を追い抜くために努力する方なのですが、その人の行動、喋り方、生活を全てメモし、マネします。

 

良いところを全て吸収しようとします。

 

とても難しいことですよね。人の長所に気づかない人だっているのに、それにいち早く気づき、メモして、吸収する。

真似するにもプライドが邪魔してできないも多くいるはずです。

それを凄まじい努力量でやってのけます。

 

それを現す文章があります。

 

よく、「投資銀行で成功したのはなぜですか」とか、「新規事業立ち上げの秘訣は?」と聞かれるのですが、一言で言えます。「頑張る」ということです。

※人生の勝算(前田祐二著)より。

 

これほどシンプルで分かりやすい言葉はないかと。

 

この本では、このような内容が前田さんの人生を通して語られています。

 

 

【この本を読んで】

私も努力量には自信があるほうでした。

しかし、この本を読み終わって感じたのは、

 

「俺、大したことないじゃん。」

 

自分の努力はまだまだであることを教えてくれます。

少しでも追いつけるようにまたさらに努力していきたいなと思える良本でした。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。