みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

「特別」を売りなさい

f:id:musclemicchan:20190316214757j:image

Amazonさんより。

 

【概要】

[著書名] 営業は自分の「特別」を売りなさい

[著者] 辻盛英一 さん

[発行所] 株式会社あさ出版 さん

 

 

【この本を買った理由】

頭で考えるよりも手が動いていた。

 

は?

 

 

【著者紹介】

保険代理店株式会社ライフメトリクスの経営者。

営業マン向けの研修も主催している。

 

 

【著書紹介】

「あなだが好きなこと」を追求しながら成績を上げていくことができる。

がコンセプトの内容となっています。

著者が営業マンのため営業のノウハウを中心に記載されていますが、営業だけなくほとんどの仕事に通じるものになっています。

 

この本の変わっている所は、営業のテクニックのようでテクニックではない成績の上げ方が記載されている所です。

 

それは、

話し方、商品の紹介の仕方、お客の選び方などではなく、

 

「自分の好きなこと」で勝負することです。

 

野球が好きであれば、野球の話、

車が好きであれば車の話をすることが大切であるとしています。

 

はい?

 

という感じでしょうか?

営業ですが商品の話をしないのです。

 

なぜなのか?

 

何かを売る時はその人に信頼されなければなりません。

 

この人だったら。

 

このように信頼されなけば商品は購入されません。これは皆さん実感する所ではないでしょうか?

 

では、どうやって信頼されるのか?

 

ここでイメージされるのはその商品に詳しい人。

つまり専門家であればあるほど信頼されると思いませんか?

しかし、そうでない場合が多いのです。

 

少し考えてみてください。

周りの人に、やけに人から好かれる人がいませんか?

すごい実力があるわけではないのになぜか。

それはその人柄が良いからではないでしょうか?人は実力があるよりも人柄で選ばれることがすごく多いのです。

 

これを利用したのがこの本です。自分の好きなことを話せば自然とビジネス感はなくなり、その好きなことがお互い合えばもう友達です。

 

友達なら買ってしまいませんか?

好きな人だったら「しかたないなー?」となりませんか?

 

好きなこと、つまりその人の人柄が武器になるのです。

 

【この本を読んで】

これからは人間性

そう強く感じされられる本でした。技術が発達し、より効率化が図られ、誰でもできることはロボットが。

そして、SNSの発達により個人が発信されやすい現代では人間性がとても大切になります。

自分という人間を磨いて、自分にしかできないことを発見していきたいとさらに思わせてくれる本でした。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。