みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

アウトプット大全

f:id:musclemicchan:20190317102500j:image

 

【概要】

[著書名] 学びを結果に変える アフトプット大全

[著者] 樺沢紫苑 さん

[発行所] サンクチュアリ出版さん

 

 

【この本を買った理由】

表紙のキャラクターがクソ可愛かったので。

表紙のセンスがすごい。

 

 

【著者紹介】

1965年生まれ。

精神科医、作家、youtuber

精神医学、心理学、脳科学の知識、情報を分かりやすく伝え「日本一、情報発信する医師」として活動している。

 

 

【著書紹介】

人生はアウトプットで変わる。

 

仕事や勉強をアウトプットと中心に切り替えるだけで自己成長は飛躍的な加速、計り知れない能力を発揮できるとしています。

 

そのため、この本では様々なアウトプット方法を紹介しています。

 

その数80。

 

アウトプットというと、得た知識を生活実践できていることというイメージが強く、それ以外はアウトプットとみなされないという感じでした。

しかし、アウトプットはちょっとした行動も含まれ、それを続けることですごく効果があるのだなという印象を受けました。

 

ちょっとした行動。

例えば、

 

人に話す。

 

え?そんなんでいいの?

と正直感じてしまいましたが、よくよく考えるとこれも立派なアウトプットです。

 

友達に「〇〇って言う本読んだ!」

と伝え、「どんな内容だったの?」とその友達はその本の内容を知らないので聞くかと思います。

その時相手が理解できるように伝えなければならないので、自分はその本の内容を理解し、要約しなければなりません。

これはアウトプットですしこれができるとより知識が記憶に定着できます。

そのため、

 

読むだけでは理解ができていない。

 

ことが多いのだなと感じます。

 

 

【この本を読んで】

私は、アウトプットに対して敷居が高いイメージがあり積極的に取り組めていない所がありました。

しかし、様々なアウトプット方法を知ることで、その敷居が下がりましたし、どんどんやっていこうという気持ちになりました。

ですがアウトプット優先になりすぎて、読書を楽しむことを忘れないようにもしたいなと思います。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。