みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

やる気のコツ アドラーが教える9つの勇気

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気

  • 作者: 植西聰
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/02/26

Amazonさんより。

 

【この本を買った理由】

アドラー好きなんす。

 

【著者紹介】

植西 聦さん。

心理カウンセラー。

体系化した「成心学」理論を確立し、人々を元気付ける執筆活動を行なっている。

 

 

【著書紹介】  

 

この本は?

 

やる気に満ちた人は意識の持ち方が違い、様々な工夫をしています。

そのようなやる気に満ちた人の特徴的な意識の持ち方、物事への取り組み方をまとめたものになっています。

その上で、オーストラリアの精神科医であり、心理学者のアフルレッド・アドラーの教えを中心に紹介しています。

 

ルフレッド・アドラーとは?

 

『嫌われる勇気』(岸見 一郎/古賀 史健:著)で大変有名になったので知っている方も多いと思います。

 

全ての問題は人間関係に由来し、自分次第で幸せになれることを提唱しています。

大変熱く、どこまでも優しかった方で人間の可能性を誰よりも信じ、人は変わることができ、誰でも幸せになれることを訴え続けた人です。

 

やる気をあげるには?

 

この本は、多くのやる気のコツを羅列式に記載しており、特に印象に残ったものを一部紹介したいと思います。

 

自分の人生は自分の意思によって作る。

 

私たちは、どのくらい自分の人生を主体的に生きることができているでしょうか。

 

失敗するた度に、環境のせいにしていませんか?

人は平等ではありません。

人それぞれ何かしらのハンディキャップを持っています。そこは変えられません。

それでも環境のせい、人のせいにしているのは誰でしょうか?

 

自分です。

 

そう決めているのは自分ですよね。

 

何か失敗した時、確かに環境や、他者が影響している部分はあります。しかし、それが全てではなく、自分が修正できる部分もいくらかあるのではないでしょうか。

 

人によっては、「もう少しこうしていれば成功できた。」と考える人もいます。

その人の判断で原因が変わってきます。

 

どこに注目するかで行動が変わり、自分の中に原因を求め、変えれる所に着目する人は、次は失敗しないように気をつけるはずです。

 

自分で自分の人生を作るように意識しています。

 

そうなればやる気が湧くのは自然なことです。

 

自分で自分の人生を生きること。

これはやる気の大きな源です。

 

【この本を読んで】

やる気のコツという基本的なようで、中々出来ていないことが多くとても参考になりました。

 

やる気は誰にでも出せて、誰にもあります。それに気づいていないだけなんだとしみじみと感じました。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。