みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

「好き」を「お金」に変える心理学

 

「好き」を「お金」に変える心理学 (PHP文庫)

「好き」を「お金」に変える心理学 (PHP文庫)

  • 作者: メンタリストDaigo
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2019/03/27
 

 

Amazonさんより。

【概要】

自分の好きなこととお金をつなげてくれる内容となっている。

【お金の使い方】

お金を使うことはどこか悪いイメージがあり、なるべく貯金するように教育される。しかし、正しい使い方をすればむしろお金は使った方がいいとも言える。

お金には主に2つの使い方あり、

 

消費:一時的な喜びが得られる。

投資:将来、収入という形で返ってくる可能性がある。

 

お金は貯めることは、安心感を与えるメリットが有るが、ただ貯めるだけでは、何も成長しまない。貯めるべきは努力。消費と投資を区別し、好きなものには使う。無駄なものには使わないという両方の意識が必要となる。

【好きなこととは】

一生かけても飽きない。

誰かに否定されても気にしない。

財産を全て失ってもしたい。

これらの条件は決して簡単でなく、「好きなこと」を見つけることは難しいと言える。

【好きなことを見つけるには】

①いくつかの趣味にお金を使っていく。

好きなものには自分の生活にヒントがある。その1つに趣味が挙げられ、前より少しお金を掛けて取り組んでみる。お金を掛けた分取り組む量が増えるため今まで気づかなかった面が見えてくる。

 

②没頭できるものを見つける

好きなものは必ず周りが見えなくなる体験がある。「フロー状態」というがその有無を基準にして探してみる。

【好きなことで稼ぐには】

①アピールする。

「私はこれが好きで、それを生かしてこんなことができます」ということを周囲に伝えて、みんなに知ってもらうことが重要。ただ、いいものを作るだけではものは売れない。ものを作って、知ってもらって、初めてものは売れていく。

 

②ギブアンドギブ

返報性の原理というのがあり、人は何かしてもらえばお返しをしたくなる。それを利用して日頃から与える立場に徹することで自分の味方を作っておくことが大切。何か大きなことを成す時必ずその人たちがサポートしてくれる。

【今からできること】

SNS、ブログなどで発信力をつける。

●与えることを意識する。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈が含まれています。