みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

【ネガティブだから】だらっと日記

【私は】

私の友人にポジティブで皆から好かれる人がいますが、私はその反対で、ネガティブで嫌われることも結構あります。

【ネガティブだから】

だからといって卑屈にはなっているつもりはあありませんし、これでいいんだと思えています。以前は卑屈になった時期もあり、ポジティブな人が羨ましく真似したりしてました。

しかし、私はネガティブだから、周りの人より準備し、勉強し、練習したりと努力できました。

基本的に私は自分に自信がなく、しかし、「人より劣っている」という自信はありました。その気持ちがあったから「人の2、3倍は努力しないと」と思って行動してきたし、行動し続けることができたんだと思います。

【ネガティブな結果】

基本的に「ネガティブはいけない」というイメージがありますが、「できない私」でも、大学は首席を取れましたし、今の仕事場では「できるね」と時々言われます。なにより仕事が楽しく感じます。

しかし、以前の職場は怒られてばかりで、「できないやつ」という扱いでしたし、私もそう思っていました。首席を取れた大学でも好かれない先生には散々言われていました。

【結局は】

ポジティブ、ネガティブは関係ないのです。批判されることは好かれているか、嫌われているかが大きな基準で、能力はあまり関係ありません。ならば好きに生きることが圧倒的に有利です。今の職場で時々「できるね」と言って頂くのも比較的自由にさせてもらっているからで、そして誰よりも動こうと努力しているからだと思います。「仕事ができる」といった能力的な要因ではないのです。※ちなみに以前の職場では常に怒られないかビクビクしていました。

結局は自分らしく、自分の考えで動くのが楽しく、成功しやすいのだなと改めて実感した経験でした。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。