みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

モチベーション革命

 


Amazonさんより。

【概要】

時代によるモチベーションの変化から、今後求められるモチベーションの待ち方、働き方を教えてくれる。

【今の時代のモチベーション】

若い人のモチベーションは「家庭」、「友達」、「自分」であり、小さな身近な枠で作られている。また、物がなかった時代を知らないため、何かを「達成」することにモチベーションを置かない。

【五つの幸せ】

人が幸せだと思える5つの軸であり、

達成:与えられた目的をクリアすること。

快楽:ドーパミンが出ることである。

良好な人間関係:ただ好きな人と笑顔で過ごせればいいと思うこと。

意味合い:やりがいを感じること。

没頭:夢中になること。

上の世代に前者2つの価値感は多い。しかし、今の若い人は後者の3つを重要視しており、自分だけにしかできないことを突き詰め、楽しみをお金に変えていくことを求める。

【ライフワークバランスへ】

「ライフワーク」とは例えお金にならなくてもついつい取り組んでしまうような好きで好きでたまらないもの。今後はAIの発達により誰でもできる単純作業はロボットに移行し、「自分にしかできない仕事をしている人」が求められる。そのため仕事と生活の境界が曖昧で、24時間趣味をしているような人が強い。それには、今の若い人のモチベーションが役に立つことになる。

【生きがいとは】

「大好きなこと」、「界が必要としていること」、「稼げること」、「得意なこと」である。そのため、自分の得意なことに投資し、磨いていく。好きなことを生きがいに変えていき、自分にしかできない仕事へ。

☆今から1秒後にできること☆

●自分だけの有利な点をみつける。それは、「誰でもできると思っていたけど、意外とほかのひとはできないな。」という感覚のもの。

●少しでも、好きなことに投資、努力を。そこに生きがいが生まれる程に。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。