みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

認知症の取扱説明書

 

認知症の取扱説明書 (SB新書)

認知症の取扱説明書 (SB新書)

 


Amazonさんより。

【概要】

認知症のよくある症状についての説明と、日常生活で簡単にできる対策が分かりやすく記載されている。

認知症のよくある困った症状】

①興奮、暴力

認知症になると、感情のコントロールが難しくなり、また何をしても自分に悪いことをされていると勘違いしやすい。その時感情を抑え込もうとすると、逆効果。まず、落ち着くまで待ち、とてもひどいなら入院の相談。

②失禁 

トイレの場所が分からない、尿意が分からないなどして失禁しやすくなる。トイレの場所を分かりやすくしたり、定期的にトイレを誘導する。

③徘徊

軽度の認知症でもあり、道が分からくなったり、目的を忘れて起こる。ます、徘徊の目的を探りそれに合わせ落ち着くまで同行する。徘徊は100%防げないことを念頭にセンサーGPS、徘徊SOSネットワークに登録など行う。

④睡眠不足、昼夜逆転

運動不足、体温調節能力低下などで睡眠不足になりやすい。昼は電気を必ずつけ、日光を浴びるようにする。

⑤被害妄想

記憶障害、心理状態の悪化で起こりやすい。その原因に「自分は社会から必要とされていない」と感じていることも多い。ちょっとしたことでも「ありがとう」を伝えることが重要。もし、何か撮ったと勘違いされても否定せず一緒に探すこと。

☆今から1秒後にできること☆

認知症に対する理解。特に症状にはその人なりの思いがあることを知り、否定しないことが大切。

●自分がならないように予防。食事、睡眠、運動日常生活リズムを崩さないことから。

認知症の家族がいるなら、まずは専門機関に相談。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。