みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

未来に先回りする思考法

 

未来に先回りする思考法
 

Amazonさんより。

★感想★

人が未来を変えるのでなく、未来が変える人を待っている。変えるのではなく、先を見通すこと。

【原理から考える】

先を見通すためには原理から考えること。そのためには、なぜ変化する必要があったのかその「必要性」から考える。

社会、テクノロジーについても何かの課題を解決するために進化している。その課題を見極めればよい。

例えば、実社会は次のように変化しつつある。

封建社会

血縁関係で結ばれて、ある一部の貴族が資本、情報を独占。

それを皆に分配する必要性が出てきて、

②ハブ型社会

国民が選んだ政府がハブとなり、国民を平等に管理できるように作られた。現代。

③分散型社会

インターネットの発達により情報は誰でも簡単に入手できるようなると、今後はハブに頼る必要性が弱くなって、企業と個人、個人と個人など繋がりが強くなりいくつもの村ができて分散していく。

【テクノロジーの現在地を知る】

今あるテクノロジーについてある程度の知識を持っておく。そして、今ある最善の方法が時代に合っているのかどうか見極め、別の方法がないか探る。

【タイミングを見極める】

先を行きすぎるとそのアイデアは受け入れられず、現在に近すぎると競走相手は多くなる。それぞれのベストなタイミングでアイデアを実行する。タイミングを見極めるには、ヒアリングをしてその反応を参考に。誰もが賛成すること、論理的に解釈できるものは遅い。

【パターンを知る】

何度も行動、失敗することでパターンを知る。ある程度の実行能力が必要。

☆今から1秒後にできること☆

●最新技術についての勉強。

●社会や技術が作られた理由を考える。

●どんどん挑戦、失敗し、失敗のデータを集める。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。