みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

鋼のメンタル

 

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)

 

★感想★

挑むことでメンタルは鍛えることができる。メンタルが強い人は誰よりも挑んで来た証のようなもの。

【打たれ強さの鍛え方】

①一度嫌われてみる

他人の配慮ばかりでは結局好かれない。尊敬されるのはいつも好きなことを言っている人。全員に好かれることはないのだから嫌われる勇気を。

②敗北を恐れるな

競争に参加し敗北の痛みを知って強くなる。闘争心を持って挑め。

③女性に告白しろ

振られて失うものはない。否定されても人としてではなく、彼氏としてダメなだけ。無駄な自尊心を捨てる。

【心の立て直し方】

①へこむ時はへこむ

何か嫌なことがあったら、我慢せずとことんへこむ。そのあとは不思議と立ち直れる。

②逃げる

本当に嫌だと思うならさっさと逃げる。一番いけないのは自分を騙し続けること。

【精神の解毒法】

①悪口を言う

何も言わずストレスを溜め込むことが一番身体に悪い。故意に陥れるものでなく、お互い笑らえる悪口を。

②謝罪する

自分が悪かったと思うことはすぐに謝罪する。頭をさげることもできない薄っぺらいプライドを持つな。

③100年後を考える

100年が経てば大抵今いる人はいなくなり関係なくなる。小さなことに囚われず俯瞰した気持ちで考える。

☆今から1秒後にできること☆

●どんどん挑んで失敗する。

●人の目を気にせずに礼儀正しく、誠実に生きる。

●笑える悪口を言う。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。