みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

小さなことでいいから、まずは一番になりなさい

 

Amazonさんより。

★感想★

どんなことでもいいから「一番」を取って仕事のモチベーション、結果を向上させるシンプルな方法。簡単なようで、あたりまえのように感じるができている人は少なく、最も効果が出やすい。「競走は良くない」と教えられることも多いがナンバーワンを取ることは差別化を図るには最良の手段であるとより実感できる。

【まずは小さなことから】

仕事を楽しむためには結果が出ることが必要。しかし、すぐに大きな結果は生むことは不可能。だからどんなことでもいいので「一番」を目指す。例えば、社内で一番に電話を取ることでもいい。その小さな一番が、認知され、評価され、自信になり、成果となる。

【社内で一番に電話を取りなさい】

誰よりも早く電話に出る。全体の約半分を出ること目指す。周りの社員に印象付けやすく、多くの社内関係者に電話を取り次ぐことになり自分の存在を認識されやすい。

【社内で一番に書類を提出しなさい】

締め切りがある書類は3ー4日前には提出する。ギリギリまで煮詰めて100点のものを出すよりも、80点のものを早めに出す方が評価は高くなる。

【社内で一番に出社しなさい】

一番に出社することで評価されることはもちろん、誰も出社していないので邪魔されず集中して仕事に取り組める環境が生まれる。

【社内で一番に返信しなさい】

送られてきたメールや、誘いにはじっくり考えてではなく直ぐに返答するようにする。リアクションが早くなると評価され、ビジネスにもスピード感が出てくる。

 

☆今から1秒後にできること☆

●一番に出社

●一番電話を取る

●すぐに返信、返答

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。