みっちゃん読書

人生を1ミリでも進めるための本紹介ブログ。

「才能」が見つからないまま大人になってしまった君へ

 

才能が見つからないまま大人になってしまった君へ

才能が見つからないまま大人になってしまった君へ

 

Amazonさんより。

★感想★

才能を見つけることはとても難しい。天才と言われる偉人でも凄まじい努力と体験を通して才能を開花させている事が多い。しかし、逆に自分の努力次第で才能を見つけることは可能であり、自分を大切にする価値と意味を教えてくれる。

【才能は誰にでもある】

才能が無いと思うのは、才能に気づいていないか、薄々気づいていたがそれを育てるのを放棄したか、チャンスに巡り会えていないだけである。才能は誰にでもあり、肝心なのは早くその事実に気づき大事に育てること。それができれば今まで受け身の人生が主導権を取り戻せるようになる。

【才能を見つけるには】

①やりたいことを見つける

やりたいからやる気もでる。どんなことでもよくやりたいことを考えやってみる。

②感動体験を元にする

人生でとても感動した体験があるはず。それを皆にシェアする方法を考えて取り組んでみる。

③なんでもやってみる

意外と食わず嫌いが多い。とりあえずやってみて自分に合うかどうか判断する。

④苦手、嫌なことはやらない

どうしても向いていない、楽しく無いものはさっさとやめる勇気を持つ。無理に合わせず他に取り組む時間を優先する。

⑤逆境こそチャンス

プライド、お金、ものなど失って、ゼロになった自分から本当にやりたいこと、できることが見つかる事がある。投げやりにならず自分に向き合う。

⑥常識、周囲の評価に囚われない

学校で習ったことや、周囲の評価は安定という幻想を押し付ける。それに意味はなく、「どうやったら才能を見つけれるか」と自分で考えて行動することが大切。

⑦人より速くできることに注目する

人より速くできることは才能がある場合が多い。

☆今から1秒後にできること☆

●なんでもやってみる。動かない時間を無くす。特にやりたいことは先延ばしにしない。

●ある程度継続する。才能の開花には必ず時間を要する。

●人の言うことは聞かない。自分でも分からないのに、他人が自分の才能を分かっていることは概ね無い。批判は気にするな。身近な人の意見、建設的な意見は例外あり。

 

以上です。

アクセスして頂きありがとうございます。

※紹介した内容は著書の一部であり、私個人の解釈で記載しています。