みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

我慢できてるということは好きなのかもしんない

仕事について、よく、よく、よく言われることなんですが、

 

「好きなことをやったほうがいい」

 

好きなことであれば、まず楽しいし、つらいことがあっても耐えられるからだと思います。この考え方は基本的に賛成です。

 

好きなことで給料が貰えればそれは幸せなことだと思います。

 

ですが、好きなことを自体見つけることが難しく、また、それを仕事にするには本当に難しいことだと思います。

 

「だから、皆、我慢しながらやっているんだ」

 

それもそうなんですが、そこで考えてほしいのは、

 

我慢できてるんだよね?

 

ってことです。

 

我慢という言葉はネガティブに思われがちですが、正直人間ってのは自分に良いことがないと我慢できません。よほどじゃない限り全く好きでもないことをしばらくやり続けることはできません。きつくても、嫌でもやり続けれるのはとても給料が多かったり、職場に好きな人がいたり様々な理由もあるかもしれませんが、意外と忘れがちなのは、この仕事は好きじゃないけど、ここの作業は好きなんだとか、こういう時やりがいを感じるということもあります。

 

このことから言えるのは、好きを仕事にするということは、なにも大好きなことでもなくて、少しでも好きな部分があればいいのかもしれません。

 

まず仕事自体つらいことは多いことですから、少しでも「好き」があればそれは幸せなことですし、だから嫌々ながらも長く働けている部分もあるんだと思います。

 

好きを仕事にするというイメージのハードルが高くなりすぎて、実は皆意外とできてるんじゃないか?とふと思いました。

 

以上です。