みっちゃん読書

人生を1ミリ先に。

人生自体は楽しくない。

最近思うのは、

 

人生って楽しくない。

 

ってことです。

別に人生諦めましたっていう暗い意味じゃなくて、人生自体にあまり意味はなく、ただ受動的に生きていればきついことが多くあるこは普通だよなって話です。

 

ただ生きていれば、やれと言われたことをやるだけなら楽しいことって基本的には無いかなと思います。たまに、偶然に、「お金拾った!やったー!」的な嬉しいことはあるかもしれませんがそれでも嫌なことの方が多くなるでしょう。人間って生きていくために嫌なことには敏感にできているからかもしれないですね。

 

つまり、言いたいのは自ら楽しいこと、嬉しいことを作るか、行うか、見つけるかしなければなにも起きない、気づかないで過ぎていくのだと思います。

 

生きていれば幸せ。

とよく言いますが、これは生きていて、皆に支えられてることや、健康でいれているありがたさみたいなことに気づかなければ幸福感は感じません。

 

だからって、

 

何事もありがたみを感じようぜ!ポジティブ!

 

みたいなことを言いたいのでもなくて。

 

人生って楽しくないのが基本、デフォなのかもってことです。

 

楽しくなくて、きついことがあって当たり前でそれが悪いことじゃない。普通なんだ。だから、それでめっちゃ落ち込む必要はなくて。

 

 

自分から幸せを見つける、気付くことやってみることは面倒だけど、どうせ人生自体に意味は無いんだからやってみてもいいかもしれないですね。

 

勘違いでも、楽しんだ奴が価値(勝ち)なような気がしますから。

 

以上です。